SEO対策|格安ホームページ作成SEOパック 【Mr.CMS】は、初心者・個人事業主様や中小企業様に最適なプランです。

Mr.CMS
格安ホームページSEOパック
お申込みフォーム
制作実績
「SEO」対策には、内部と外部があります!

SEO対策とは、検索エンジンの検索結果で、自社サイトが上位表示されるために行う様々な対策の事です。
会社名や店舗名のネーミングが世間に知られていないと、自社のホームページを見てもらう事が出来ません。
そこで、一定のキーワードにSEO対策を施して上位表示を狙うのです。
内部対策とは、Metaタグの設定と良質なコンテンツを作りサイトボリュームを増やす事です。
外部対策とは、他から自分のサイトにリンクを張って貰う「被リンク対策」とも呼ばれています。
ただ、安易に無料の被リンクを増やすのは、逆に検索エンジンからの評価を下げることになります。
集客やアクセスアップを考えれば、SEO対策は必ず必要となります。

SEO対策
当社のSEO対策は、内部要因・外部要因のSEO対策が可能です。
内部対策として、「サイト内ブログ」がご利用いただけます。自社サイトと同一デザインとなります。
ブログはホームページより気軽に記事が書けますので、サイトボリュームを増やしていく最適です。
外部対策として、当社保有の「ポータルサイト」に、100個の「企業PR広告」を投稿できます。
管理画面から誰でも簡単に投稿できますので、専門的な知識は必要ありません。
投稿すると被リンク効果が期待できます。
SEO対策は、あくまでも検索エンジンへの対策なので、上位表示を保証するものではありません。
内部SEO対策→サイト内ブログ

現在は、コンテンツ重視のSEO対策が注目されています。
「SEO対策をするなら良質なコンテンツを作れ」というのが、基本的な考えとなります。
縦に長くスクロールするページの作るのではなく、分割してページを増やす事が推奨されています。
内部リンク数が増え、キーワードを増やせるというメリットあるからです。
スクロールが短いページの方が閲覧者にとっては見やすくなります。
そこで、自社ホームページ内にブログを設置して、お客様の声・お客様からの質問・施工実績などを投稿して行く方法がおすすめです。
1週間に1回ほどのペースで更新していくと、記事を投稿する度にページが増えていきます。
検索エンジンは、定期的にページが増えていくサイトを評価します。
「サイト内ブログ」を更新すると、いろんなキーワードでヒットするようになり、入り口が増えるので、見込み客の訪問が増えアクセスアップが期待できます。
また、人に教えたくなるような記事を書く事で、被リンクも集められます。
Googleは、独自のコンテンツを持つ良質なサイトを高く評価します。
良質な記事を書いて、サイトボリュームを増やす事に時間と手間をかけた方が、確実に検索順位が上がります。
ホームページ内の情報を充実させ、Googleが推奨するサイトを作ることが、上位表示につながります。

【サイト内ブログの仕様】

【サイト内ブログの仕様】

ブログの投稿は、誰でも簡単に作成することができます。
デザインは、自社サイトと同一デザインとなります。
ブログはホームページより気軽に記事が書けますので、サイトボリュームを増やしていく最適なツールです。
Twitter・Facebookを表示する設定ができます。
記事ごとに、「いいね」ボタン・「ツイート」ボタンを表示する設定ができます。
写真の表示やリンクの設定・文字の装飾ができます。
カレンダー表示・ブログへのアクセス解析はありますが、コメント・トラックバックの機能はありません。

下記のグラフは、当社のお客様で、2017年2月から、内部対策を強化した時の順位の推移です。
急激な上昇ではありませんが、確実に順位が上昇しています。各ページのメタタグを個別設定し、1ページ内に1000文字以上のオリジナルの文書を入れていく事をお勧めしました。

グラフ
外部SEO対策→企業PR広告

被リンクは重要な項目であり検索エンジンから評価されます。
被リンクの質と量は、サイトの重要性や人気度を示す重要な指標となっています。
Googleは、多くのサイトからリンクを受けているホームページを、上位表示する傾向があります。
当社のポータルサイトに「企業PR広告」を登録すると、被リンク効果も生まれ検索エンジンの評価を高めます。
Googleは、定期的にリンクが増えているホームページを高く評価する傾向があります。
良質な被リンクを得るために適度なサイトの宣伝を行うことは、Googleも推奨していますので「企業PR広告」を登録する事で、上位表示が可能になります。
Googleは、「検索結果を上げる」と電話をかけてくるSEO業者を信用していいか。という問いに対して、「上位表示を約束するような勧誘には、注意が必要です。」と回答しています。
検索エンジンが、WEBサイトを評価していく最大の目的は、ユーザーにとって役に立つ良質なコンテンツを上位表示するためです。被リンクだけで過激なSEO対策を行っている業者には注意が必要です。
短期間で過激なSEO対策を行うと、一時的には順位が上がるかもしれませんが、検索エンジンからスパム行為と認識されると、厳しいペナルティを受ける事になります。
Googleは、パンダアップデートやペンギンアップデートで不自然なリンクに対して警告を出しています。
むやみやたらに相互リンクをしたり、無料登録をするべきではありません。
以前は通用していた手法であっても、現在その通りに実施するとペナルティを受ける可能性があります。
Web上にある古いSEO対策の情報にはご注意ください。

【企業PR広告の仕様】

【企業PR広告の仕様】

当社保有の「ポータルサイト」に、100個の「企業PR広告」を投稿できます。投稿すると被リンク効果が期待できます。
管理画面から誰でも簡単に投稿できますので、専門的な知識は必要ありません。
投稿内容は、タイトル文(20文字以内)・コメント文(200文字以上)・画像(任意)となります。タイトル文から御社サイトへ自動的にリンクが張られます。
投稿の解除・投稿内容の変更は、管理画面から可能です。
1日に投稿できる数は、5個までとなります。
不適切な内容の投稿は、当社側で削除する場合があります。ポータルサイトの品質を守るために必要な処置となりますのでご了承ください。
解約時は、全ての投稿を削除させて頂きます。

下記のグラフは、当社のお客様で、2017年4月に外部対策を中止した時の順位の推移です。
登録してあった「被リンクの解除」を行うと徐々に順位が低下していきました。この現象を見ると、現在もいかに外部対策が上位表示に影響しているかが解ります。

グラフ
SEO対策は、集客に効果があります!

せっかくホームページを作ったのに、検索しても出てこないでは困ります。
検索結果で上位表示させるためには、「SEO対策」が重要になります。
現在、Yahoo!は、Googleの検索システムを使用していますので、SEO対策をする時は、Googleのアルゴリズムに照準を合わせる必要があります。
アルゴリズムとは、検索エンジンが順位付けをするプログラムの事です。
当社の「SEO対策」で、目的のキーワードで上位表示を実現してください!

内部SEO対策
内部リンク
コンテンツ作り
▼内部SEO対策の方法
上位表示を目指すキーワードでページを作る。(1P⇒1キーワード)
選定したキーワードに合わせて内部対策を実施する。(metaタグ・strongタグ・h2タグ・キーワードの入った文章を増やす)
外部対策(被リンク)を増やす。
自分のホームページの内部リンクを強化し、ユーザーが知りたい情報(検索されたいキーワード)のページを多く作り、ホワイトハットな手法でコンテンツ作りを行いましょう。
これは、Googleが推奨する健全なSEO対策です。
SNSの活用 SNSを活用して自分のサイトを宣伝しましょう!
SNSとは、Blog・Facebook・Twitter・YouTube・GREE・mixi・MySpaceなどコミュニティ型のWebサイトの事を言います。
また、Yahoo!ロコ・Googleプレイス・各種ポータルサイトへの登録も有効な手段です。
相互リンク 相互リンクとは、お互いにリンクを貼りあう事です。
SEO対策では、自分のサイトと同じようなテーマをもったサイトから、被リンクを貼られるのが良いとされていますので、Yahoo!やGoogleで検索して出てきたサイトに、「相互リンク募集中」などがあったら問い合わせてみましょう。
ナチュラルリンク ナチュラルリンクとは、相手から一方的にリンクを貼って貰う事です。
自分のサイト内で「当サイトはリンク自由です。」と明記をしておけば、自然とナチュラルリンクが増えます。
自分のサイトが有益な情報を発信しているサイトであれば、質の高いサイトからナチュラルリンクをもらえる場合があります。

このページの先頭に戻る

Mr.CMS